みぃ の 毎日

アクセスカウンタ

zoom RSS 決戦の時間 (最終章)

<<   作成日時 : 2006/11/20 18:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

日が落ちるとともに、人も増えてき始めました。
私は相変わらず外の販売のままで、
新人のバイト君の他に、臨時のバイトの女の子も加わりました。
でも、新人君はレジのみだし、
臨時ちゃんは袋に入れるのみで・・・
接客・調理・補充etcは、全て私の仕事になってしまい
息つく暇もない状態でした。

花火が目の前で上がり始めても、
まったく目に入ることなく時間が過ぎて・・・・
PM8:00が過ぎた頃、店長が来て
「中の方も頼めないかなぁ」
はぁ〜!?
私が抜けた後、外の販売はどうするのよ!!
「でも、外も私が抜けると・・・」
「嫁さん(店長の)も帰ったし、中でいろいろできる人がいないんだよね。」
・・・・はぁ、もうヤダ。
「分かりました。じゃあ、両方走りますから。」
「悪いね〜、頼むね。」

外の子達に指示を出して中に入ると・・・
待ってました!とばかりに次から次へと仕事がまわってきて
バイトの子達は、ホントにレジと袋詰めしかしない。
おいっ!電子レンジぐらい使えるでしょ!!
バタバタしてると外からヘルプの声がかかるし・・・・
体が2つ欲しい。

PM9:00近くなって、少し人が少なくなってきました。
すると今度は
「ごめん、ゴミ箱があふれてるの片付けてくれないかなぁ。」
見に行くと・・・・うげっ!!
あふれてるとかいう次元ではなくて、
ゴミ箱がどこにあるのかも分からないぐらいのゴミの山!
ゴミ袋を大量に持って・・・・うそっ!!
はぁ・・・分別もしてないのね。
必死でゴミと戦ってるところへ店長が来て
「バイトの子、一人呼んでくるね。」
バイトの女の子が一人やってきて、第一声が
「え〜、汚〜い。臭〜い。」
横に立ち、鼻と口を押さえている手には綺麗な付け爪が・・・・
「これ、できる?」
ビニール袋に、食べ残しも缶もビンもごちゃ混ぜになったのを
素手でゴミ袋に分別しながら聞くと
「・・・・」
無言で眉間にシワをよせて、首をブンブン横に振るだけ。
はぁ・・・だよね。
「じゃあ、分別したゴミ袋を向こうへ運んでくれる?それならできる?」
ゴミ捨て場をチラッと見て「はい。」

必死でゴミと格闘していると・・・・痛っ!!
指は切れてるし、分別してるのに知らん顔で捨てていく人はいるし、
もうヤダ!!
うんざりしながら作業していると、ひときわ大きな歓声が聞こえ
振り返ると・・・・
目の前の橋から、最後を飾るナイアガラの花火が。
「・・・・綺麗。」
2時間もの間、目の前で花火が上がっていたのに
初めて私の目にも花火が映りました。
ナイアガラが終わるまでの数分、今日初めての休止。
でも、ナイアガラの終わりと指の痛みで、
あっという間に現実に引き戻されてしまいましたけど・・・・

PM10:00、やっと終わった〜。
「お先に失礼します。」
店長に言うと
「あ〜・・・もうちょっと、無理かなぁ」
さすがに今度ばかりは
「すみませ〜ん。チビ達を見てもらってるんで、もう帰らないと。」
「ああ、そうだよね。ありがとうね、お疲れさん。」

帰り道に旦那様に電話して、家の駐車場に着くと、
旦那様のお母さんと妹達が帰るところでした。
もう喋る元気もなく「ありがとうございました。」と言うので精一杯でした。
家に帰って・・・・胃が痛くて食べれない。
結局、昼のパン1個の後、お茶を一気飲みしたのみで
何も口にしてなかった・・・。

こうして私の戦いは終わりました。
でも、次の日は通常の出勤で、
3日間ぐらいはヘロヘロでした。
来年は考えさせてもらいます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
よくがんばりました。それと、よく憶えてるな〜と思った。
それだけ焼きついてるんですね。
まさ
2006/11/20 20:05
まささん
お久しぶりです(^^;)
ありがとうございます、ちょっと頑張りすぎちゃいました。自分が思ってる以上に無理がきかなくなってますね。
いろんな意味で、記憶に残る一日でした(笑)
みぃ
2006/11/20 22:48
来年は辞退しましょう(;´▽`A``
壮絶ですね〜花火大会どころじゃないですね(苦笑)本当にご苦労様でした。それにしても…バイトしにきてる若い奴等はマジで使えませんね。仕事なんだから責任持ってやれって感じ(`∩´)
おデン
2006/11/20 22:53
花火ってゆっくりと眺める物なのに
そんな時間も無くて労働に終始してたなんて
散々なお祭りでしたね。
社長もいい加減ならバイトもいい加減で
来年は事前にしっかり計画を立てて
貰いましょう。身が持たないもの。
薫衣草
2006/11/20 23:22
デンくん
やっぱり辞退だよね(; ̄ー ̄A
10代の子達とは、仕事に対する考え方が違うのかもね。特に臨時の子なんかは「働いてあげてる」ぐらいの感覚なんだろうね。
マジでヤキ、お願いします(笑)
みぃ
2006/11/22 13:55
薫衣草さん
花火大会と聞くと、今年のことを思い出しそうです。トラウマになりそう(笑)
実は、臨時の女の子のうちの一人は、店長の姪だったんです。あの日にバイトの男の子と盛り上がって付き合い始めたとか・・・そんな余裕、あったんだねって感じです。
来年は辞退かも(; ̄ー ̄A
みぃ
2006/11/22 14:04

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
決戦の時間 (最終章) みぃ の 毎日/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる